団体の目的

「NPO法人 人と自然とまちづくりと」は、自然と人、人と人が心豊かに共存できるまちづくりを軸に、20世紀の負の遺産を解消し、成熟期における環境の創造・再生を行うことを目的として、

平成13年9月からまちづくりの専門家、環境工学の専門家など技術者、学識者、活動実践者が発起人となり、設立の検討がはじまり、平成15年8月8日の設立の日を迎えるまでには二年の時間をかけました。

発起人は、近畿を中心としながらも、四国、中国、九州の様々な場所から集まり、各人の活動の現場も関心事も様々であったため 幾度も会議を重ね議論が行きつ戻りつするなかで、各人が絶えず考えていたのは、私達にとって、最も大事なことは何か、必要なことは何か、また、そのために私達ができることは何かでした。

そこにあるのは、人や自然を大事に思い、対話を通して人や自然を知り、再生をはかること、助け合いの心を養い人の絆を結び直すこと、楽しく、美しくといった価値観を大切にし、誰もが気軽に活動できるようにしたいという思いであり、率直に語り合える仲間を増やし、人や自然との対話の積み重ねを通じてこの国のこれからの形を皆で一緒に考えていければという思いです。

その思いを実現するために、私たちは、「NPO法人 人と自然とまちづくりと」として、そのつなぎ手「and」という役割を担いながら、人と人、人と自然が対話を通じて、生き生きと暮らせる国づくりをめざすためのサポートを実践します。

メンバー